ドラプロ見聞録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いま、秘境にゆきます

01アッシュアイコン「大事な用件があるとかで来てやったけど、ったく……修行中のオレをどこで見つけた来やがったんだアイツ……。」
00ギールアイコン1503「おーお待たせ。久しぶりだね。元気してた。」
01アッシュアイコン「いいからとっとと用件とやら、済ましちまおうぜ。こっちだって暇じゃねーんだ。」
00ギールアイコン1503「まあグダグダしても仕方ないか。それじゃ行くよー。」


DragonsProphet_20150317_003711.jpg
01アッシュアイコン「……おい。」
00ギールアイコン1503「はい?」
01アッシュアイコン「お前まさか、このためだけに呼び出したのか?」
00ギールアイコン1503「そだよ、離れたところにいるアッシュにも是非聞いてほしくて。」
01アッシュアイコン「アホかお前は!オレだって修行して回ってんだから暇じゃねーんだっつーの!
      だいたいこれ、世界中に聞こえてんだろーが!オレがここにいる必要ねーだろ!」
00ギールアイコン1503「いやー、そういう考え方もあるね。」
01アッシュアイコン「はぁ……もういいや。行くぞ。」
00ギールアイコン1503「あれ、もう行っちゃうの?うち寄ってけばいいのに。」
01アッシュアイコン「……まだ修行中なんだ。終わるまで帰らねーって決めたからな。」
00ギールアイコン1503「そっか。じゃあ終わるまで待ってるよ。」
01アッシュアイコン「ま、もうそんなに遠くないと思うぜ。じゃーな。あんまりヴァーユに苦労かけるなよ?」


00ギールアイコン1503「次、クーラおいでー!」
DragonsProphet_20150317_003917.jpg
04クーラアイコン「わーい!マスターありがとー!」
00ギールアイコン1503「ちょ!いきなり飛びつくなってゴフッ」
04クーラアイコン「わー!マスター!大丈夫!?」
00ギールアイコン1503「み、鳩尾……入った……」
04クーラアイコン「た、大変!回復しないと!」
00ギールアイコン1503「こう言うことがあるから……目が離せない……」バタッ
04クーラアイコン「マスター!しっかりして!マースーター!」


00ギールアイコン1503「き、気を取り直して……スズランー。」
DragonsProphet_20150317_004137.jpg
08スズランアイコン「は、はうぅぅぅ」
00ギールアイコン1503「ん?どしたのスズラン。」
08スズランアイコン「は、恥ずかしい……です……」
00ギールアイコン1503「そんな真っ当に恥ずかしがられるとこっちも照れるな……。」
08スズランアイコン「で、でも嬉しい、です。いつも、い、色んなこと、教えてくれて……。」
00ギールアイコン1503「まあ、スズランにももっと成長してもらって、立派なドラゴンとして活躍してほしいからね。
      そのための方法はいつも考えてるよ。」
08スズランアイコン「わ、わたし、頑張り……ます!」


02ヴァーユアイコン(ドキドキ)
00ギールアイコン1503「さて、これで終わり……」
02ヴァーユアイコン「えーっ!?」
00ギールアイコン1503「冗談冗談。お待たせ、ヴァーユ。」
02ヴァーユアイコン「も、もう!びっくりさせないでください!」
00ギールアイコン1503「ごめんごめん。それじゃ行くよー!」
DragonsProphet_20150317_004409.jpg
00ギールアイコン1503「いやほら、私フライドラゴン好きだし。」
02ヴァーユアイコン「えっ……そう言う意味なんですか……」
00ギールアイコン1503「……まあでも、その中からロニーストリスを選んで、その中からヴァーユに出会えた。だから他でもない、ヴァーユが一番好きだよ。」
02ヴァーユアイコン「マ、マスター……!」


05コレットアイコン(全く、ギールのやつめ……。)
03-2エドワードアイコン(……8匹に、メッセージを伝えたけど)
04クーラアイコン(『大好き』って言ったのは……!)
08スズランアイコン(ヴァーユさんの時だけ……です……!)
06サファイアアイコン(まあ、一番気づいてはいけない方は心ここにあらずですし、よろしいのではないでしょうか。)
07シルヴィアアイコン「あとは招待状も用意しなくてはなりませんね、うんと招待客を呼んで……」


おしまい
スポンサーサイト
  1. 2015/03/22(日) 16:36:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<君(ドラ)さえいれば | ホーム | 秘境の中心で、愛を叫ぶ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gheeldrapro.blog.fc2.com/tb.php/99-da6bf1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ギール

Author:ギール
ギールとそのドラゴンたちが織り成す、愉快な(?)Dragon's Prophet茶番劇冒険記。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ドラゴン紹介 (7)
日記 (70)
ドラゴン講座 (10)
動画 (6)
未分類 (5)
リンク (5)
ショートストーリー (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。